高齢者の口腔ケアについて

こんにちは、さくら歯科医院DHです

熊本でのまさかの大地震
長引く余震で体調を崩されている方も多いのではないでしょうか?
皆さんくれぐれも体調には気をつけて下さい。

今回は高齢者の口腔ケアについてです

寝たきりだったり、からだに障害や麻痺があったりして口腔ケアが自分で十分に出来ない方には、
介助が必要な場合があります、どんなところに気をつければいいのでしょうか?

※介助のポイント     sakura52

なるべく本人が歯ブラシを持てる場合は、本人にやってもらいましょう
歯ブラシを持って手を動かすことは、リハビリにもつながります。

 ※安全な口腔ケアを

水や唾液が気管支や灰に入らないような姿勢をとり、意識をはっきりさせる為に声かけを行いながら行います。

sakura53

*生活のリズム

顔を洗って歯を磨くというように、1日のリズムの中に歯磨きを取り入れましょう

*無理強いはしない

体調が悪い時や、嫌がるときは、無理に行わないほうがいいでしょう
(口をあけないときは頬粘膜のみを磨くようにするなど)