高齢者に多い誤嚥性肺炎について

こんにちは さくら歯科です。

本日のテーマは、
高齢者に多い誤嚥性肺炎についてです。

肺炎と気管支炎による死亡の9割は65歳以上の高齢者である為、肺炎は健康管理に重要な課題です。
高齢者の肺炎は、口の中の細菌などが誤って肺に入って発症する<誤嚥性肺炎>が多いと言われています。

誤嚥性肺炎の原因

《喉の構造に問題がある場合》
口内炎・扁桃腺炎・咽頭炎など口腔、咽頭の病気
食道炎・食道がんなど食道の病気

《喉の動きに問題がある場合》
脳腫瘍・脳血管障害・パーキンソン病など脳の病気
その他神経や筋肉の病気

[ 症状は ]

発熱、せき、喀痰など通常の症状を訴えないことも多く、なんとなく元気がない、倦怠感を訴えることもあります。 食事中のむせこみ、常に喉がゴロゴロ鳴っている、唾液が飲み込めない、食事に時間がかかる、たんが汚いなども疑わしい症状です。 また、酸素低下をきたし、重症の呼吸不全になることもあります

[ 予防は ]

1)    飲食の意識付けや誤嚥予防の体位保持
(食後すぐに横にならないで、2時間程度座位を保つ)

2)    口腔ケア (口の中の雑菌を減らす、嚥下反射を改善させる

sakura60

お口のご相談は さくら歯科医院へ
TEL: 0965 – 45 – 9808