カテゴリー別アーカイブ: 訪問診療

高齢者の口腔ケアについて

こんにちは、さくら歯科医院DHです

熊本でのまさかの大地震
長引く余震で体調を崩されている方も多いのではないでしょうか?
皆さんくれぐれも体調には気をつけて下さい。

今回は高齢者の口腔ケアについてです

寝たきりだったり、からだに障害や麻痺があったりして口腔ケアが自分で十分に出来ない方には、
介助が必要な場合があります、どんなところに気をつければいいのでしょうか?

※介助のポイント     sakura52

なるべく本人が歯ブラシを持てる場合は、本人にやってもらいましょう
歯ブラシを持って手を動かすことは、リハビリにもつながります。

 ※安全な口腔ケアを

水や唾液が気管支や灰に入らないような姿勢をとり、意識をはっきりさせる為に声かけを行いながら行います。

sakura53

*生活のリズム

顔を洗って歯を磨くというように、1日のリズムの中に歯磨きを取り入れましょう

*無理強いはしない

体調が悪い時や、嫌がるときは、無理に行わないほうがいいでしょう
(口をあけないときは頬粘膜のみを磨くようにするなど)

さくら歯科医院 訪問歯科診療チーム

さくら歯科医院では、毎週火・水・金・土曜日に訪問歯科診療を行っています。

医院に通院できなくなった患者さまや施設に入所されている方、また病院に入院している方、

寝たきりで自宅で過ごしている方など、いろいろな所からご依頼を受けるようになりました。

訪問先でも、院内と同じ治療ができるように、持ち運びできる治療器具を揃え、

ご依頼があれば、出来るだけスピーディーに対応するよう心がけております。

今日もさくら歯科から半径16km以内を訪問しています!

sakura49
xxxx往診チームです 車を見かけた方もいらっしゃるかも?

今後訪問歯科診療に関する情報もお伝えしていきます

 

sakura50

 

歯を大切にする4つの効果

食べるためには、歯がそろっていなければなりません。      sakura_12_04

80歳でも自分の歯が20本残っているようにしようという目安が掲げられていますが、80歳で20本の歯を実現している人は26.8%で、およそ4人に1人程度しかいません。

認知症予防の観点から考えて、歯を大切にする理由は4つあります。

1つめは、食べる事ができるからこそ、認知症予防に有効な栄養素を体内にいれることができるということです。食べる事による咀嚼筋の運動が脳を刺激します。

2つめは、歯を維持するために毎日行なう歯磨きは、手や指先の細かい動きが必要な動作で、この動作を続けること自体が、運動系脳番地を刺激します。

3つめには、歯があることでおしゃべりが上手にできるということです。
歯がなくなれば、喋りにくさから、人と話さなくなってしまうでしょう。
するとコミュニケーションの機会が減って、脳の活動量もへり、認知症のリスクが高くなります。

4つめは、できるかぎり歯を抜かないことです。歯を抜く事で、空間的な情報の学習機能を低下させる可能性が高いからです。歯は自分の位置や、家の場所や物の場所など、何がどこにあるかという空間的な脳の働きに関与します。

認知症になると家に帰れなくなったり、物をどこに置いたか忘れたりする症状が目立つのは、この空間的な情報を理解したり処理する働きが衰えるからです。

sakura_12_05

訪問診療 ~ お口の中の清掃 ・ 唾液腺マッサージ

こんにちは 、DHです。

当医院では、ご自身で歯科医院へ通院ができない方のために、ご自宅や入居先の施設や病院におじゃまして、「訪問診療」をおこなっております。

今回は・・・訪問先で、私たちが行っていることの一部をご紹介致します。

その1: 「くるりーナ」を使用して、患者様のお口の中の清掃とマッサージをします。

くるリーナ
↓ ↓ ↓
sakura_09_07

このくるリーナを歯ぐきと頬の間に入れ、内側から頬を軽く押さえるようにして、奥から手前、上から下へと動かします。  やさしくマッサージするように行ってください。  左右とも行います。舌も上下、左右と動かして掃除します。
sakura_09_05

① 歯の残っていない方 ② 残ってる歯が少ない方
③ 口が開きにくい方       ④ 痰が多い方 などに使用します。

「くるリーナ」おすすめの理由:
★ 出血傾向の患者にも安心して口腔ケアできます
★ 口の中に入れやすく、小回りがききます

その2: 「唾液腺マッサージ」 をします。

sakura_09_06

唾液が出にくくなっている方には、唾液腺マッサージをいたします。

両手を頬にあてて、ゆっくり円を描くようにマッサージします。(前回し、後ろ回し各5回)
両手をあごの骨の内側の柔らかい部分に当てて、耳の下あたりから手前に5か所くらいを押していきます。

唾液がでるようになると、
免疫が上がります。
★ 自浄作用が働き、虫歯予防などになります。

口腔内を清潔にして、刺激を与え、唾液がでるようになると、
脳の活性化が期待できます。
おわかりにならない事がありましたら、聞いて下さい。
ご指導します!